IZUMI PROCESS事業内容> シルクスクリーン印刷 工程

シルクスクリーン印刷設備はこちら シルクスクリーン印刷製品はこちら

シルクスクリーン印刷インクジェット印刷フィルム出力カッティング転写
製 版製版 お客様からいただいたデータを面付け等の編集を施し、版下となるフィルムを出力します。
 その後、製品のサイズに合わせた版を用意し、コーティングマシーンで乳剤を塗布します。
 出力したフィルムを版に重ね、露光機で焼き付けます。焼き付け後、版を水で洗い流し版の完成となります。
印 刷 印刷 お客様のご希望の色に合わせてインクを調合します。一つの版に対して一色なので、色の数だけ版を用意しています。
 完成した版を大きさに合ったシルクスクリーン印刷機にセットし、版の上にインクを流し込んで印刷します。
 すべての版を順番に刷り合わせて十分に乾燥させ、印刷の完成になります。
オーブンで乾燥硬化します
加 工 加工 インク乾燥後PPと呼ばれる、キズ,光,摩擦から印刷表面保護加工を施します。表面を保護するだけでなく、グロス効果もあります。
 PP加工後、製品の形に合わせべニヤ板に刃を取り付けて作った抜き型をプレス機にセットします。型抜きをしその後不要な部分を取り除きます。
製 品 製品 シルクスクリーンの製品は、基本的に水と空気以外のものは何にでも印刷できるためとても多様です。
 イズミプロセスでは、車のステッカー,POP,ポスター,看板,ディスプレイなどの大型なものから、自動車関連部品,基盤,タッチパネル,Tシャツ,ステッカー,スクラッチ等のものまで、幅広い分野のシルクスクリーン印刷業務を行っております。